住宅ローンの審査に通りやすいという甘い銀行がある件の本音の口コミ!

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
フラット35という名前の住宅ローン最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はとはいえ、年収や勤続年数などはフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
数年以内に住宅ローンを希望されている方は、ローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。
利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。
そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるかこれらを総合的に計算してみる必要があります。
具体例を挙げると、事務手数料や保証料が無料の場合、想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。
近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。
この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。
この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。
65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

住宅ローンの審査は甘い?おすすめ銀行一覧【審査に通らない方へ】