プロバイダの料金が安いだけで決めてしまうと後悔するかも?

プロバイダの料金がお手ごろ価格になるといわれて、今のプロバイダにしたのですが、失敗したと思っています。
確かに、価格はかなりお買い得でした。
しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、回線速度の低下がみられたりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
安易にプロバイダを乗り換えてしまったなと、悔やむ気持ちです。
光回線の申し込みの際、回線の速度が速いと伝えられてもそれほど想像ができないものです。
でも、実際に使ってみると、早いという感覚はなかったとしても、遅い際は強くストレスと感じます。
常日頃からどれくらいの速さであれば自分が気持ちよく利用できるか把握しておかないといけないと実感じます。
我が家は、もう少しというところでwimaxのエリアに入っていません。
wimaxは外出先でも使うことが可能だし、動画を試写するのにも余裕で満足できる速度なので、極力希望したいのです。
家を変わる予定はないため、今後、エリアが拡大してくれることを懇願しています。
引っ越しをした機会に今までと違うプロバイダにしました。
プロバイダを変更した後も、変更前のプロバイダと基本的に違いを感じないので、プロバイダを変更して良かったな、と思います。
プロバイダなどは2年ごとの更新をする際に考え直すといいのではないでしょうか。
インターネット環境を快適なものにしたくて、NTTフレッツ光ネクストに関して検討しています。
まず始めに、ホームページ内で自分の家の郵便番号を入れて提供のエリアなのか見極めました。
次いで、月の料金についてシュミレーションをしました。
設置までは非常に明確です。
ここのところ、光回線業者がお年寄りの自宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが多くなってきています。
こういった事態を受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を定かにいたしました。
毎月の光回線の料金は所定の金額を差し引かれているため、それほど意識することがないかもしれませんが、携帯などの通信料金と合わせて考えると、毎月軽視できないほどの金額を通信代金として支払うことになります。
いくつか存在する通信料金プランの中からわずかでも安いプランで契約をまとめたいものです。
フレッツの速度が遅い原因を考察して、まず考え付くのは、一時的にネットワークが混雑していたり、見たいサイトへのアクセスが多かったりといえます。
そんなわけで、少しの間だけ遅いだけなら、ある程度時間をおけばよくなる場合もあります。

http://xn--eckwc2b1a4i1dx728bp69c.skr.jp/