リビアングラスの起源

リビアングラスとは、リビア砂漠に点在しているガラスのことを指します。
その起源ははっきりとはせずに、謎に包まれた天然ガラスなのです。
一説には、隕石の衝突により広域で高熱を発したために、作成されてのではないかとする学者もいます。
最近の調査により、この説を裏付けするようなリビアングラスが点在している一帯から蒸発した石英や隕石起源の物質、衝突によって出来たクレーターなどが発見されたのです。
この衝突が起こったとされるのは、約2600年前であるということがまずは驚かされる事実ではあります。
そんな古くからあったこのガラスは、古代エジプト王朝でも珍重されていたと見えて時代の権力者であるエジプト王の胸飾りの中央におかれたスカラベなどを作るのにも使われたのです。
古代エジプト王にも愛された、この天然ガラスのパワーストーンとしての効果はヒーリング・カルマの浄化・幸運のお守りといったところです。
神秘的な出自のこのパワーストーンは、今も多くの人を魅了しています。
http://xn--cck2a1a9gyec9d.com/