フラット35金利の動向は?

フラット35の金利は2013年6月から下降の一途を辿り、2015年2月までは10ヶ月連続で最低金利を更新していました。
3月に入り0.
100%の上昇を見せ、回復の兆しが見え始めたという意見もありますが、ゼロ金利や量的緩和などの政策が金利上昇を押さえつけているという見方も多く、アベノミクス第1の矢である「大胆な金融政策」は継続中のため、暫くはゼロ金利政策を継続されると思われます。
又、日銀が目標とする「物価2%上昇」も達成できていないので、金利がすぐに上がる状況ではないようです。
フラット35の金利は数ヶ月間は1.
400%から1.
600%の間で推移し続けると推察するサイトもありますので、住宅ローンの借り入れや借り換えを検討している人は、今がチャンスだと言えます。
銀行比較でフラット35の最安金利は?